あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

脂肪の燃焼や糖質の代謝をサポートするダイエットサプリメント

サプリメント
スポンサードリンク

脂肪の燃焼や糖質の代謝をサポートするダイエットサプリメント

脂肪燃焼をサポートしてくれるサプリメント

身体が動かなければ脂肪は燃焼しません。脂肪燃焼をサポートしてくれるサプリメントには、脂肪をエネルギーに変える働きや、疲労を回復しまた身体を動かすことができる状態にしてくれる働きなどがあります。
ダイエット中「身体がだるくて動きたくない」「体脂肪率の減り方が悪くなった」など心当たりのある方は、この栄養素が足りていないかもしれません。

サプリメントの成分と摂取のタイミングを知りましょう。

私たちのダイエットをサポートしてくれるダイエットサプリメントには、一体どのよう成分が含まれており、どのタイミングで摂取すれば効果的なのか気になりますよね。ダイエットサプリメントの成分を知っておく事により自分に必要なダイエットサプリメントなのかどうかの判断ができるようになります、もしかすると日常の食事で足りているかもしれません。そしてダイエットサプリを飲むタイミングです、朝・昼・就寝前や食前・食後など、成分によりダイエット効果を得るためのタイミングが違うようです。

脂肪の燃焼や糖質の代謝をサポートする成分

L-カルニチン

  • 効果
    体脂肪を燃焼しエネルギーに変えるために必要な栄養素です。脂肪をエネルギーに変えることにより、疲労回復やスタミナアップ、スポーツや日常生活における基礎代謝の向上などの効果があります。
  • 体内でL-カルニチンが作られる量
    体内で作られるL-カルニチンの量は1日約10mgと少量です。20歳を過ぎると体内で作られるL-カルニチンは減少し不足するようになります。
  • どんな食べ物に含まれているか
    牛肉、豚肉、羊肉など主に肉の赤身に多く含まれています。中でも羊肉に多く含まれており1kgあたり2000mg含まれています、これは牛肉の約3倍の量になります。
  • 摂取のタイミング
    栄養素には、「摂取して比較的短時間に効果が現れやすい」のと「継続的に摂取することで力を発揮する」の2つのタイプがあり、L-カルニチンは後者のタイプです。摂取のタイミングは基本的にいつ摂ってもかまいませんが、効果を得るためには毎日続けて摂取することが重要です。
  • 摂取量
    食べ物からの摂取量や体質により必要な摂取量は違いますが、一般的には200mg~500mgの継続的な摂取が望ましいです。

カプサイシン

  • 効果
    カプサイシンをただ摂取しても脂肪を燃焼させる効果ありません。カプサイシンには、脂肪を燃焼しやすい状態に分解する効果がありますので運動と組み合わせることにより脂肪燃焼の効果を上げることが出来ます。
  • どんな食べ物に含まれているか
    カプサイシンとは、唐辛子に含まれている辛味成分のことです。
  • 摂取のタイミング
    食後にカプサイシンを摂取するのが望ましいです。空腹時に摂取すると胃や腸に負担がかかってしまう恐れがあるため食前は避けましょう。
  • 摂取量
    一般的には、6mgです、目安として唐辛子1gにカプサイシンは3mg程度含まれています。カプサイシンの摂取で気をつけていただきたいのは過剰な摂取です。カプサイシンには致死量が設けられており、体重1kgあたり60mgです。例えば体重50kgの人が3000mgを一度に摂取すると命にかかわる場合があるということです。

カテキン

  • 効果
    カテキンは、すでに体に溜まった脂肪だけでなく、これから脂肪になるおそれがある食事の脂肪にも効果があります。つまり脂肪の燃焼と脂肪を溜めない2つの効果があります。
    また強い抗酸化作用や殺菌・抗菌作用を持ち、細菌やウィルスから体を守る効果があります。
  • どんな食べ物に含まれているか
    カテキンは、主に緑茶に多く含まれていて、緑茶の渋味や苦味のもととなっている成分です。
  • 摂取のタイミング
    体脂肪を燃焼させやすくするためには、継続的な摂取が必要で、いつ摂取してもいいです。
    脂肪の吸収を抑えるのであれば、食事と一緒に摂取するのがいいです。
  • 摂取量
    一般的には、1日1gです、目安として500mlのペットボトルのお茶に約200mg(販売会社により違いはあります)入っていますので、1日5本飲む必要があります。

コエンザイムQ10

  • 効果
    糖分や脂肪を燃焼する代謝の速度を上げる働きがあります、また抗酸化作用により増えすぎた活性酸素を減らすことによって、アンチエイジングの効果もあります。
  • どんな食べ物に含まれているか
    野菜では、「キャベツ」「ほうれん草」「ブロッコリー」など
    肉類では、「豚肉」「鶏肉」「レバー」など
    魚介類では「サバ」「イワシ」「サケ」「マグロ」です。
  • 摂取のタイミング
    コエンザイムQ10は、体に吸収されることで効果を発揮します、では食前と思ってしまいますが実は、食後です。コエンザイムは肝臓から分泌される「胆汁」の働きで分解・吸収されます、この「胆汁」は食後に分泌されるので、食後にコエンザイムQ10を摂取すると吸収されやすくなります。
  • 摂取量
    一般的には、1日30mg~100mgです。目安として「ブロッコリー」ならば1日12kg「イワシ」ならば1日20匹食べると100mgのコエンザイムQ10が摂取できるそうです。

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』