あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

正しいウォーキングで脂肪燃焼効果が変わる。

ウォーキング
スポンサードリンク

正しいウォーキングで脂肪燃焼効果が変わる。

たかがウォーキングされどウォーキング!

ウォーキングは、運動があまり得意ではない方でも脂肪を効率よく燃焼させることができる有酸素運動として人気があり、実践しダイエットに成功している方も多くいます。ただしウォーキングで効率よく脂肪を燃焼させるためには、あなたの歩き方ではダメかもしれません。脂肪を効率よく燃焼させるためのウォーキングのポイントを抑えて、あなたのウォーキングと比較して見て下さい。

ウォーキング4

 

ウォーキングでもストレッチは大事

ウォーキングは負荷の軽い運動のため、脂肪燃焼が始まるまで時間がかかります。そこでストレッチをすることによりケガの予防はもちろんですが、血液中の糖分をストレッチをすることにより消費しておけば、ウォーキングでの脂肪燃焼の効率も上がります。

ウォーキング中は出来るだけ立ち止まらないこと

ウォーキングで脂肪を効率よく燃焼させるためには、一定の心拍数で長時間、運動を持続する事大事です。その為のにも途中で立ち止まったりせずに済むように、人ごみや信号の多い道は選ばないようにしましょう。もし立ち止まったとしても、ストレッチなどをして心拍数を落とさない事が大切です。

ウォーキングのスピード

上記でも説明したように、脂肪を効率よく燃焼させるためには、一定の心拍数を持続させることが必要です。ウォーキングのスピードは、あなたが長時間ウォーキングをしても呼吸が荒くハアハアしないようなスピードから始めるのが大切です。ウォーキングの速度を上げすぎると呼吸が乱れ酸素を十分に体に取り入れることができず、無酸素運動になり脂肪の燃焼ができなくなります。ウォーキングで効率よく脂肪を燃焼させるために、あなたに合ったスピードでウォーキングすることが大切です。

ウォーキング中の姿勢

運動で効率よく脂肪を燃焼させるためには、姿勢を正して、筋肉周辺の血流を良くする必要もあります。ウォーキングにも効率よく脂肪を燃焼させるための姿勢があります。

ウォーキング時の目線と呼吸法

正しい歩き方をする3つのポイント

 

姿勢が良くなると血流がよくなり脂肪の燃焼効率が良くなるだけでなく、少しいつもより早く歩けるうようになったり、気分もスッキリしウォーキングが楽しくなって持続できることに繋がったりします。

まとめ

  • ウォーキング中はなるべく立ち止まらないコースを選ぶ。
  • 立ち止まってもストレッチなどで体を動かし続ける。
  • ウォーキングのスピードは、心拍数を一定に、酸素を十分に体に取り込める自分に合ったスピードで。
  • ウォーキング中は姿勢を常に意識し、血流をよくした状態で行うこと。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』