あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

スロートレーニングで脂肪を燃焼できる体へ変身

腕ダンベル
スポンサードリンク

スロートレーニングで脂肪を燃焼できる体へ変身

スロートレーニングは脂肪燃焼の準備

腕ダンベルスロートレーニングでは、成長ホルモンの分泌を促して筋肉を修復、増量させる効果を以前説明しました。今回はもう一つのスロートレーニングで得られる効果と脂肪燃焼効果の関連性について説明します。

人が運動をするときに最初に使うエネルギー源は血液中にある糖分を燃焼します、血液中のエネルギーを使い切ると今度は、筋肉や肝臓に蓄えたグリコーゲンという糖分を燃焼し、やっと次に体脂肪を燃焼させます。
この身体に既に付いてしまった余分な脂肪の燃焼が始まるまで約20分です。

それでは、有酸素運動(脂肪燃焼効果の高い運動)をする前にストレッチと無酸素運動(スロートレーニング)を約20分やらなければならないのか?

いいえ、「体力に自身がない」「筋力がない」などのダイエット初心者ならばこの脂肪燃焼開始時間には最初こだわらないほうがよいと思います。「疲労によるダイエットの挫折」の原因となりますから少しづつ時間を延ばして行けばいいと思います。ただしストレッチとスロートレーニングを省くことは止めて下さい。理由はもう解りますよね。

  • ストレッチ
    ケガや故障の防止、筋肉を刺激し脂肪の燃焼効果を早める
  • 無酸素運動(スロートレーニング)
    筋肉量の増加(脂肪の燃焼効率が上がる)
    血液中や筋肉内の糖質を燃焼(次の有酸素運動で直ぐに体脂肪を燃焼させることができる)

からですよね。
脂肪燃焼効果のある有酸素運動ばかりしても、身体が脂肪燃焼させる準備ができていなければ効率の悪いダイエットになってしましますので、「体力がない」「筋力がない」という方は、有酸素運動は少しの時間で、ストレッチと無酸素運動の時間を最初多くとったほうが、脂肪燃焼効率の高い体にする近道になります。

 

ダイエットの効果を上げるには、あなたの体質を知る必要があります。

あなたのダイエット法、本当にあなたの体質に合っていますか?

 世の中には、多くのダイエット方法がありますが何故だと思いますか?その答えは人が生まれ持った体質にあります。 例えば、「脂分の代謝は普通なのに、炭水化物の代謝が悪い体質」の人が、脂分の摂取量を減らすだけのダイエット方法をしても意味がありませんよね。

ダイエットの種類や方法がいくつもあるのは、体質によりその人に合うダイエットとそうでないダイエットがあることが判明し、ひとつの方法だけでは、体質の違いにダイエット方法が当てはまらない事によるものです。

あなたの思い込みで体脂肪が増えた原因を判断してしまうと、逆に体質により体脂肪が付きやすい食べ物を摂取してしまい余計に太ってしまうこともあります。

そうなる前に、間違えのない効率的なダイエットを始めるためにも、あなた自身の体質を知る事が重要です。

間違えのないダイエットを始める前ために「あなたの肥満体質を調べたい」方は体質チェックのページを一度ご覧下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』