あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

ダイエット中は食事の時間帯にも注意!脂肪が付きにくい食事の時間帯とは

時計2
スポンサードリンク

ダイエット中は食事の時間帯にも注意!脂肪が付きにくい食事の時間帯とは

脂肪の蓄積を助ける遺伝子

ダイエット中の方にとって脂肪は、大敵ですよね、そのダイエットの敵である脂肪を体に溜め込む働きをしている物質があるのを知っていますか?それは生物時計の機能を決定する時計遺伝子の一つで、脂肪細胞をつくる酵素をふやす機能をもつ「BMAL1(ビーマルワン)」です。このBMAL1は時間帯により増加、減少を繰り返しています、そのBMAL1が増加している時間帯を避けて食事を摂ることにより、体に余分な脂肪がつくのを抑えることができます。

BMAL1の増加する時間帯と減少する時間帯

BMAL1は、昼は少なくなり、夜に増加します、基本的に明け方から徐々に数が減少し始めて、午後2~3時に最もBMAL1の数が少なくなります。そして夕方から夜にかけて今度は徐々に数が増加していきます、午後10~深夜2時頃が一番BMAL1の数が多くなります。また、BMAL1の数は日光を浴びる事により数を減らすことができるようです、日中あまり外出していない方は運動によるダイエットも兼ねて外出してみてはいかがですか。

BMAL1を意識した食事の時間帯

時計2朝食は、BMAL1が減り始める時間でもあり、通勤、通学、家事などで食べた物をエネルギーとして消費しやすいので問題なさそうですね、昼食の時間帯は、BMAL1が最も少なくなる午後2~3時に合わせてちょっと遅めのランチの方が、脂肪が蓄積されにくいです。そして夕食の時間帯ですが、BMAL1が一番多くなる午後10~深夜2時を避けて、午後8時までに済ませるのが理想です。また、BMAL1が少ない日中に食事を多く摂り、BMAL1が多い夜間は食事の量を抑えることで、さらに脂肪の蓄積を抑えることも出来ます。

 

夜に多く食事を摂ったり、夜食を食べると太る原因の一つは、このBMAL1という遺伝子にあったんですね、この脂肪の蓄積を助ける遺伝子の他にも肥満に関する遺伝子があるのをご存知ですか?その肥満関連遺伝子は、人それぞれタイプが違い、遺伝子タイプ別に脂肪に対するダイエット方法も変わってきます。つまり遺伝子により効果のあるダイエット方法とそうでないダイエット方法が解るということです、遺伝子検査についての説明はこちらをご覧下さい。

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』