あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

食事制限だけでダイエットする・消費カロリー編

食事制限
スポンサードリンク

食事制限だけでダイエットする・消費カロリー編

食事制限だけでダイエットするとは

食事制限あなたが食事制限だけでダイエットを成功させる為には、簡単に説明すると、一日の生活活動で消費するカロリーよりも食事で摂取するカロリーが下回っていれば良いのです。その為には、まずあなたの一日の生活活動で消費するカロリーを知った上で、栄養バランスの取れる食事のメニューを考えなければなりません。

注意

食事制限だけでのダイエットは、メリットよりもデメリットの方が大きい場合がある事と食事での栄養バランスの摂り方が非常に難しい事を念頭において始めて下さい。
またダイエット中に身体に異変や異常、精神的な不安やイライラなどの症状は、栄養失調の場合がありますのでダイエットを中止し医師の相談を受けて下さい。:Dietrooms.com

食事制限とは?

ダイエットにおける食事制限とは、本来病気を治すまたは、未然に防ぐ為の食事療法です。現在では、「減量」や「痩身」の為の食事制限という意味で使われている事が多いですが、ダイエットにおける食事制限とは「健康や美容を維持するために、食事の量や種類を制限する」が本来の姿です。

あなたの一日の生活活動での消費カロリーを知る

METsを利用して消費カロリーを計算

計算機一日の消費カロリーを計算するときによく使われるのが、METs(メッツ)という単位です。メッツは人の身体活動の運動強度を測定した単位で、安静時(座って楽にしている状態)を1メッツとした時と比較し何倍のエネルギーを消費したかを表しています。

消費カロリーの計算式は、

消費カロリー=1.05×METs×運動時間×体重

です。

身体活動別METs値はこちらを参考にして下さい。

計算例

Yさん 体重60kg
歩行:通勤で往復1時間の歩いた  2.5METs
座位:デスクワーク7時間     1.3METs
座って静かにテレビを見る:2時間  1.3METs
調理や食材の準備:2時間        2.0METs

Yさんは、通勤で1時間あるきました、歩行のMETs(運動強度)は2.5METsです。これを計算式にあてはめると。

消費カロリー=1.05×2.5(MTEs)×1.0(時間)×60(体重)

となり、結果

消費カロリー=157.5Kcal

Yさんは、通勤の往復1時間で157.5Kcal消費した計算になります。

このように、まずはあなたが、一日にどんな身体活動を何時間したかを全て書き出し、身体活動別(身体活動別METs値はこちら)に計算し、合計した数値があなたが一日に消費したカロリーになります。

では、この計算式を使って、あなたの一日の消費カロリーを計算してみましょう。と言いたい所ですがちょっと待って下さい。

METsのデメリット

METsでの消費カロリー計算は、計算機があれば簡単に計算できますが、毎日この計算を継続して出来ますか?食事制限で普段よりもストレスを少なからず感じる事となる状況で、一日の身体活動を書き出し、METs値を調べ計算するのが段々と「めんどくさい」「時間がもったいない」と誰もが思うでしょう。また、日々の生活活動が変わらないので一回計算しておけば大丈夫と思うかもしれませんが、ダイエット中は体重の変化が必ずありますから、体重の変化と共に計算し直さなくてはなりません。

そこで、あなたの一日の消費カロリーを自動で計算してくれるダイエットアイテムがあったらいいなと思いませんか。

あります!

消費カロリーを計算できる「活動量計」と呼ばれるダイエットアイテムがありましたので紹介します。

「活動量計」の機能

体重計「活動量計」には、あなたの消費カロリーを正確に計算する他に、ダイエットをサポートしてくれるプラスαの役立つ機能などがありますので簡単に紹介します。

  • 身体活動別に計算できる
    身体活動によって運動強度が違うので同じ時間の身体活動でも「歩き」と「走り」では、消費カロリーが違うのはMETsの計でも説明しましたが、その判別機能があります。
  • リアルタイムで消費カロリーが分かる
    例えば、ランチや夕食を食べる前に消費カロリーがチェックできれば、食事のメニューの判断もしやすくなり、摂取カロリーがオーバーしてしまう事を未然に防ぐことができます。
  • 記録が残せる
    今までの、ダイエットの成果を残しておくことで消費カロリーの変化や目標の調整などができる。成果を見ることで自分の励みにもなります。

この他の機能もありますが、食事制限でのダイエットで必要な機能としてはこれくらい揃ってれば文句なしだと思います。これらの機能を持った「活動量計」でオススメは、TANITAのカロリズムです。

これ1台で「歩き」「走り」「生活」「安静」の4つの行動を自動で判別し、行動別に消費カロリーを計算し、行動別の消費カロリーと合計消費カロリーの表示もボタン一つで切り替えができます。
サイズもコンパクトで、胸ポケットに入れる事もできますし、クリップで襟元につけたり、ストラップで首からさげることもできますので、わざわざバックからメモと計算機を出してカロリー計算なんていりません。チョッとした合間に、今どのくらいのカロリーを消費してるかボタン一つでチェック完了。ダイエットを効率よくできるだけでなく自分の時間も有効に使えますね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』