あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

ランニングをダイエット運動に選ぶなら”走れる筋肉”を作る事が必要!

ランニング4
スポンサードリンク

ランニングをダイエット運動に選ぶなら”走れる筋肉”を作る事が必要!ジョギングやランニングをダイエットや健康のために行った事があると言う方は、約1000万人を超えていると言われています。しかし、日常的にジョギングやランニングを続けられている方は、半数に満たないようです。
その原因の一つは、”走れる筋肉”が無いまま走り始めてしまった事や、ラン後の筋肉のケアをしない事による、筋肉痛や、ケガ、故障などによるものが多いようです。

ランニングは全身運動!

”走るための筋肉”と聞くと”脚の筋肉”だけを使うイメージが強いようですが、実は、ランニングでは全身の筋肉を使う運動です。全身の筋肉を使うという事は、それだけエネルギーの消費も多く、脂肪燃焼に効果的ですが、脂肪を燃焼させる為には全身の筋肉をバランスよく鍛え、ある程度の筋肉量と長く走れる筋力を作る事が必要です。
関連記事:体質の改善でダイエット効果が変わる!

鍛えた後は、ストレッチで筋肉ケア

ストレッチ2

ランニングだけに関わらず、運動をすれば筋肉を使います。使った筋肉は収縮し、収縮したままにしておくと、筋肉は硬くなり、筋肉痛や血行が悪く疲労物質が溜まってしまい、ダルさが翌日に残ってしまったりします。
また、筋肉量を増やしたり、強い筋肉を作ることの妨げになったりもします。

筋肉痛や疲労回復、筋肉を育てるためにも運動後には、必ずストレッチを行って下さい。
ストレッチを行う事で、収縮された筋肉が伸ばされ血行がよくなり疲労回復だけでなく、運動能力の高い筋肉を育てる事につながり、長く走れるようになり脂肪燃焼も多くなります。
また、筋肉を伸ばす事は、筋肉を柔らかくしケガや故障を防ぐ事ができます。

筋トレとストレッチを始めてみましょう!

全身の筋肉全て鍛える事を毎日するのは、時間的にもモチベーションを維持するにも難しいですよね、ですから1日毎に鍛える筋肉を変えて行う事をオススメします。
例えば、『今日は、”腕”だけ明日は”太もも”』とか『今日は”上半身”明日は”下半身”』と部分ごと分けるのもいいかもしれません。

当サイト『DietRooms』でも体の部分毎の筋トレ方法とストレッチを紹介していますが、ランニングをする為に特化した筋トレ&ストレッチではございません。

関連記事(筋トレ):自宅・家で出来るスロートレーニング!気になる体の部分毎に引締める【動画解説付き】
関連記事(ストレッチ):基礎代謝を上げるストレッチ!首から下半身まで脂肪燃焼開始が早くなる!【動画解説付き】

ランニングするための筋トレやストレッチに特化した筋トレ&ストレッチを紹介

マラソン『体幹スイッチ』ダイジェストムービー

★【送料無料】 DVD/趣味教養/あなたの走りと身体が変わる!マラソン『体幹スイッチ』トレーニン…

全てのランナーに向けた、トレーニング本

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』