あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

ストレッチから産後ダイエットを始めてみよう。【腰痛対策動画付き】

ストレッチ4
スポンサードリンク

ストレッチから産後ダイエットを始めてみよう。【腰痛対策動画付き】

本格的な産後ダイエットを始める前にはストレッチがオススメ

出産後、女性の骨盤の位置は歪みやすく、正常な位置に戻さなければそのまま産後太りをする原因に繋がると言われています。

ですが、産後の弱った体に無理は禁物。
本格的なエクササイズや運動など、多くの産後ダイエットは出産後1か月を過ぎてから始めるべきと言われています。
ただ、1ヶ月の間何もしないとなると、どんどんお腹周りに肉が付き始め、贅肉を落とすために余計な労力を使うことになるのも事実です。

今すぐにでも贅肉を落としたいという方や、本格的な産後ダイエットを始める前に出来るだけ肉を付きにくくしておきたいと考えている方は、産後ダイエットの一環としてストレッチを行うことをオススメします。

このストレッチ、方法はいくつかありますが、今回は産後2~3日に行うことが出来るストレッチをいくつかご紹介していきたいと思います。

伸びのストレッチ

仰向けに寝転がり、両腕を頭の上にまっすぐ伸ばし、足もまっすぐ伸ばして1の字のようになったら、そのままグググッと伸びるだけ。

これを10回前後、無理のない範囲で行うことで、血流を良くすることが出来ます。
あまり強く伸ばしすぎると、下腹部に無理がかかって痛みが出ることがありますので注意が必要です。

足を横に倒すストレッチ

仰向けに寝転がり足を立てたら、そのまま足だけパタンパタン、と右に左に交互に倒していきます。これをゆっくり10回前後行ってください。
この時、上半身はついていかないように注意しましょう。

骨盤の歪みを矯正し、お腹周りを引き締めていく効果のあるストレッチです。
ですが、スピードを速くするとお腹に負担がかかりますので、足を倒したら一度深く息を吸いなおして、それから逆の方向へ…と、じっくり行うようにしましょう。
これらのストレッチを行うことで、体の各部分を引きしめるだけではなく、肩こりやハリを緩和する効果が出るでしょう。
寝転がりながらゆったりと出来るのも、長所の1つです。

ですが無理は禁物です。
痛みを感じるほどストレッチをしないように気をつけましょう。

産後腰痛対策ストレッチ

産後に腰痛で悩まされる方って多いそうです。育児中は、抱っこやおむつを替えたり寝かしつけたりする動作など前かがみで行う動作が­多いので腰を痛めやすいからです。
そんな腰痛に悩ませる前にストレッチで予防しましょう。

動画:Youtube

腰に負担をかけないようにする、重い物の持ち上げ方です。

動画:Youtube

いかがでしたでしょうか、産後の身体は、あなた自身が思っているほど無理がききません。『早く妊娠前の体型に戻りたい!』という気持ちをグッとこらえて、あまり負担のかからないストレッチから始めてみてはどうでしょうか?ストレッチは、基礎代謝の向上にもなりますから、本格的なダイエットを始めたときに脂肪燃焼効果を早くする事にもつながります。但し、無理せずあなたのダイエットよりも赤ちゃんを第一に考えてガンバって下さい。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』