あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

空腹感・ストレスフリーのダイエット!?【ファイブファクターダイエットが人気の秘密!】

5ファクター
スポンサードリンク

空腹感・ストレスフリーのダイエット!?【ファイブファクターダイエットが人気の秘密!】

ファイブファクターダイエット~空腹感&ストレス0で、スリムに!?

5ファクターダイエットとは

アメリカの人気モデル、ミランダ・カーやビヨンセ、レディー・ガガも実践していると言われているのが5ファクターダイエット法です。
5ファクターダイエットの考案者は、ハリウッドセレブ専属トレーナーのハーレイ・パスターナック氏です。
ファクターダイエットは、1日の食事を5回にするだけでのお手軽で、簡単なダイエット法ですので、誰でも気軽に挑戦することが可能です。

5ファクターダイエットの効果とは

空腹感を感じにくい!

通常、食事は、1日3回が基本です。
しかし、上記の場合、食事と食事の間隔が6~7時間空くことになります。
お昼を食べても時間が経つにつれて、空腹感は次第に強くなります。
空腹感が続くと、ストレスを引き起こしやすくなります。
空腹から来るストレスは、その後の食事摂取量を増加させる要因となります。

外人 女性 驚き

そこで、役立つのが5ファクターダイエットです。
1日に5回の食事にすることで、空腹感がなくなります。
これによりストレスが抑えられ、暴飲暴食が抑えられます。

血糖値を抑えて、スリムに!

また3時間後には、再び食べられると思うことで、自然に一回の食事量を減らすことが出来ます。
血糖値が上がると、インシュリンが分泌されることで、脂肪が蓄積されやすくなりますが一度に食べる量が少なくなることで、血糖値の上昇を抑えられる効果があります。
また5ファクターダイエットでは、野菜や果物、豆類など、血糖値を上昇させにくい食品を上手に食事に取り入れますので、自然に血糖値を抑えることが可能になります。

健康的にスリムに!

更に栄養バランスにも優れていますので、不健康に痩せてしまうということがありません。
しっかりと体に必要な栄養素を摂取しますので、代謝がアップして、ダイエット中に起こりやすい肌荒れや便秘なども防止・改善させることが可能になります。

5ファクター

無理なく続く!

ファクターダイエットでは、週一回のダイエット休日があるのもメリットです。
この日だけは好きなものを食べることが出来ますので、ストレスから開放されて、その後のダイエットも挫折せずに行うことが出来るようになります。

5ファクターダイエットのやり方

食事をする時間は、以下の通りです。

1. 最初の食事時間、朝7:00
2. 2度目の食事時間、朝10:00
3.3度目の食事時間、昼1:00
4.4度目の食事時間、夕方16:00
5.5度目の食事時間、夜19:00

大体、食事と食事の間隔を3,4時間くらい空けます。
生活スタイルによっては、上記の食事時間は、多少異なってくる場合がありますが上手に自分の生活スタイルに合わせて、実践してみてください。

食事のルールについて

① 1日に摂取する食事の半分は、炭水化物にする

ポイントとして、米やパン、麺類に豆類や野菜、果物を含ませて、調理するなど、
血糖値を上昇させにくい炭水化物を取り入れるということが大切です。

② 良質なたんぱく質を摂ること

脂肪分が控えめの赤身のお肉や青魚、卵白などのたんぱく質を摂取することが大切です。

③ 一度一度の食事で、5~10gの食物繊維を摂取すること

食物繊維が豊富な食品と言えばお野菜ですが、果物や豆類、海藻類にも豊富に含まれていますので、これらの食品を積極的に摂取しましょう。
野菜・果物は、皮ごと利用するのがオススメです。
より多くの食物繊維を摂取することが出来ます。

④ 良質な脂質を適度に摂取すること

良質なオイルと言えば、オリーブオイルやエキストラバージンオイルです。
美容効果にも期待が出来ますのでオススメです。

エキストラバージンオイルは、オレイン酸や必須脂肪酸、ポリフェノールなどを多く含みますし、不飽和脂肪酸を多く含むごま油やキャノーラ油も料理に使っていくといいでしょう!

⑤ こまめに水分を補給すること

お水、またはお茶をこまめに摂取します。
砂糖を入れなければ、紅茶やコーヒーなどもOKです。

⑥ 運動を取り入れること

1日20分から30分を目安に運動も行うことが大切です。
ダイエットのために運動というとストレスが溜まりやすくなり、続かないことがありますので、普段の生活の中で、行える簡単な運動を取り入れるのがポイントです。

例えば、エスカレーターやエレベーターを使わず、なるべく階段を利用したり、一駅くらいなら徒歩で行くなどを実践してみましょう。景色を眺めながらの散歩やウインドーショッピングによるウォーキングなら辛い運動も楽しいものになりますよね。

体重計と女性2

ファクターダイエットの注意点

5度目の食事は、遅くならないように注意してください。
寝る前の食事は厳禁です。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』