あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

有酸素運動で効率的に脂肪を減らすには!?【自宅で出来る有酸素運動も紹介!】

有酸素運動 女性
スポンサードリンク

有酸素運動で効率的に脂肪を減らすには!?【自宅で出来る有酸素運動も紹介!】ダイエットのために、有酸素運動を取り入れようと考えている方が増えています。

有酸素運動は難しいものではなく、誰にでも気軽にできる運動です。
しかし、効果的に行うには、正しいやり方を知っておくことが欠かせません。

【有酸素運動の強さ】

運動も激しいものだと、息が切れて苦しくなります。
この場合、有酸素運動ではなく無酸素運動になるのです。
息が切れてしまうのは、負荷が大きすぎるか動きが速過ぎるということになります。
この状態では、息を止めたり、息を強く吐いたりするため、自然な呼吸がしにくいのです。

インターバルトレーニング2

息が苦しくなる無酸素運動の場合、エネルギーとして糖質が優先的に消費されます。
一方、脂肪はそれほど燃焼されません。
健康やダイエットなどを目的として運動するならば、それほど激しくない運動が効果的です。
軽くハアハアと息が弾むくらいが、丁度良いでしょう。

これが有酸素運動であり、ダイエットなどに効果的な運動になります。
有酸素運動を行う場合は、呼吸の仕方に気をつけることが欠かせません。
激しすぎては無酸素運動になってしまいますし、軽すぎても効果は出ないでしょう。

例えば、日常生活レベルでの呼吸では運動にはなりません。
普段より、少し呼吸が上がる程度が目安になります。
心拍数で考えると、1分間に110回から120回くらいです。
ウォーキングの場合、のんびり歩くよりも、少し早歩きを意識することが大事です。

ウォーキング3

【有酸素運動の時間】

健康を目的として有酸素運動を行うのであれば、連続して20分くらいを目安にしましょう。
これだけ運動すれば、血中の中性脂肪値が下がります。
つまり、サラサラした血液を維持することができるのです。

もちろん、20分より長く運動すれば、内臓脂肪を燃焼させる効果が期待できるでしょう。
時間に余裕のある方は、1時間以上になります。
毎日短い時間からでも、地道に有酸素運動を続けていくことが大事です。

ストップウォッチ

ダイエットを目的として運動をする場合は、必ず20分以上を目安にします。
そうしないと、身体が脂肪の燃焼を始めないからです。
そのため、それ以上の運動時間が必要になります。
連続して長い運動時間が確保できない場合は、10分程度の運動を1日に数回分けて行います。

【有酸素運動の頻度】

理想としては、毎日続けることが一番です。
無理のない範囲で有酸素運動を習慣づけて、理想のダイエットを行いましょう。

【自宅で出来る有酸素運動】

たった30秒の繰り返し!女性に人気のサーキットトレーニング

自宅・家でできる有酸素運動/バランスボール【動画付き】

自宅・家でできる有酸素運動/キックボクシング

自宅・家で出来る有酸素運動/インターバルトレーニング【動画解説付き】

その他の自宅で出来る有酸素運動メニュー

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』