あなたはダイエット出来ないと諦めていませんか?大丈夫!あなたのダイエットをゼロからサポート!

menu

ダイエットルーム

自宅・家で出来る有酸素運動/インターバルトレーニング【動画解説付き】

インターバルトレーニング2
スポンサードリンク

自宅・家で出来る有酸素運動/インターバルトレーニング【動画解説付き】

自宅でダイエットするならインターバルトレーニングを取り入れよう!

【インターバルトレーニングとは】

インターバルトレーニングとは、激しい運動と緩やかな運動を交互に反復しながら行うトレーニングです。
無酸素運動と有酸素運動のを交互に行うようなトレーニングとして、知られています。
トレーニング方法としては激しく、身体の疲労度が高いものです。
しかし、効果は非常に抜群で、新陳代謝も大きく高められるのが特徴です。

無酸素運動と有酸素運動を交互に行うので、脂肪燃焼効果もあるのがポイントです。
人によっては、普通のウォーキングなどの有酸素運動よりも、高い脂肪燃焼効果があるかもしれません。

インターバルトレーニング3

【代表的なスポーツ】

・水泳
・自転車
・サッカー
・マラソン
・ボクシング

このように、様々なスポーツで取り入れられています。

また、筋肉を増量しながら体脂肪を速やかに燃焼することが可能です。
そのため、ジムのダイエットメニューのプログラムに組み込まれていることも珍しくありません。

自宅にエアロバイクなどがある方は、1分間全力で漕いで、1分間軽く流す様に漕ぎましょう。
交互に繰り返してみましょう。

もちろん、自宅にエアロバイクなどを準備されてない方も少なくないはずです。
そんな方にも、おすすめの簡単なインターバルトレーニングの方法があります。

【自宅で行う方法】

☆「その場で駆け足を全力とゆっくりで交互にすること」☆

その方法を、順序立ててご紹介しましょう。

1.その場で全力の駆け足をする(目安の時間は30秒くらいです)。
2.その場で駆け足を軽く流す程度に行います(目安の時間は30秒くらいです)。
3.1と2の運動を交互に10分程度繰り返します。

やってみればすぐにわかりますが、上記の方法は人によっては非常にキツイ運動です。
そういう方は、運動強度を下げて行うと良いでしょう。

インターバルトレーニング

【運動強度を下げるやり方】

例えば、次のようにやり方を少し工夫してみます。

1.その場で全力で駆け足をする。
この時、少し力を抜いて7割から8割程度の力で行います。
また目安の時間を10秒や20秒くらいの短さにするのも効果的です。
2.その場で駆け足を軽く流す。
目安の時間を30秒ではなく、40秒から50秒に伸ばします。
3.1と2の運動を10分程度繰り返します。

10分間ではなく、5分程度に短縮してみましょう。

あくまでも自分の体力に合わせて、調節することが大事です。

【インターバルトレーニング動画】

10秒運動し30秒休憩を24セット 16分間のトレーニングですが、かなりキツイです。

:Rokujyou  Fitness

 

10秒休憩し20秒運動を30セット こちらもかなりきます!

:Rokujyou  Fitness

【最後に】

もちろん人によって向いてる方、向いてない方が出てくるトレーニングがあります。
運動強度を下げてもキツイと感じられる方は、無理をしないで下さいね。
無理して身体を痛めては、意味がありません。
自分の体と相談しながら、インターバルトレーニングを取り入れましょう。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

ダイエットサポートグッズ(楽天)

楽天市場 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』 世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』